歯医者での治療でわたしがつらいこと

年に2回は必ず通院します。よくセラミックの詰め物がかけるためメンテナンスに行きます。笑った時に銀や金ではなく白くて目立たないものが良かったためにセラミックにしていますが、ほんとうによくかけます。全部取っ替えではなく、かけたところを埋めて補ってもらっています。そのついでに必ずクリーニングを行ってもらいます。

もともと歯医者が嫌いな上に、口を開けていることがとてもつらいです。顎が外れそうになります。現在江坂まで通っている歯医者に決めた理由はもともとは近所にあったため駆け込みましたが、先生がなにもいわなくても口を開けることがつらいことに気づいてくれたからです。そのため治療中も少しずつ行い、口を閉めてまた始めるという感じで負担なく進めてもらっています。今まで何軒か歯医者にいきましたが、歯だけではなく顎の不調に気づいてくれたのは初めてです。

今まで歯医者に行って口をあけてることがつらいと自分で言ったことはなかったです。いまいっている歯医者が気づいてくれたのですが、先に顎の不調は伝えて入れば今までもつらい思いをせずにすんだと思います。