丁寧に磨きすぎると痛みがぶり返してしまう

私の場合、歯が痛くなるのは、プラークによる歯周病が原因のことが多いようです。

その為、日頃から歯磨きにはきちんと磨くようにしています。
しかし、歯並びが悪い場所があり、そこにはどうしても汚れが付着してしまい、取りにくい場所です。

意識してそこを念入りに歯磨きしようとすると、歯茎が痛くなってしまいます。
その痛みが尾を引いて、数日間痛みが続くことがあります。

プラークを溜めないためには歯磨きをきちんと行いたいのですが、それが逆効果になってしまうことがあります。
特に治療中はいつものように歯磨きを行ってしまうと、痛みがさらにひどくなってしまうことがあります。

歯の汚れはきちんと取りたいけれども、痛みには耐えられない、というジレンマが起きてしまいます。
そのことを吹田の歯医者で歯科衛生士をやっている人に話をしたら、仕方がないというような返答でした。

治療が終わってからもしばらく歯の痛みが続くことがあります。
「様子を見てください」と言われて、治療は終了しますが、しばらく痛みが治まるまで、行こうか様子を見るか迷ってしまうことがあります。