最初にかかる歯医者も重要かも

乳歯の時は、虫歯は1本あるかないか程度でしたが、歯科衛生士と歯科助手との違いを大阪で明確にする永久歯になったら、というか、中学時代にきゅうに虫歯がたくさんできてしまい、そのつど新大阪で評判のいい歯医者さんには行っていました。中・高時代に、多少?私にとっては勉強がストレスフルな学校に在籍してしまったからかなーとか思ったりしています(本当かは不明・・・)。でも、以前、何かの本で、口の中の細菌環境は、精神状態で良くも悪くもなると読みました。

 

社会人になり、治療済みがかけたりして、勤務先の隣のビルにあった歯医者に行っていましたが、あまりの治療済みの多さに驚かれ(涙)、あと、治療済みの歯の治療の仕方のひどさにも驚かれました。その歯科医は、大学病院から来ている先生でしたが、私が幼少から学生時代にかかっていた歯医者は、田舎のかなり年配の先生で、夕方は鳥目なので治療できないという先生でした・・・。最初にかかる歯医者も重要かもしれませんね。

 

 

子供には、しっかり歯磨きさせ、仕上げ磨きもして、時々フロスも使っています。私のようにはなってほしくないので。

 

 

虫歯になりやすいとかも遺伝するのでしょうかね?そういえば、私の母は、歯がぼろぼろでした。治療済みがいっぱいならまだしも、なかなか歯医者に行かなかったり。それに比べれば、私はわりと歯医者に行っていましたし、磨いていたんですけれど。虫歯菌がもういついちゃっているんでしょうか(涙)。