口内フローラに気を配る!

近頃は、予防歯科や審美歯科の重要性も理解されてきましたが、私が子供の頃は歯医者さんはトラブルが起きてから初めて行くところでした。

口内環境を良好に保って口内フローラに気を配ることが、腸内フローラにも影響があるという情報をメディアで知ってからは、歯と体全体の健康のために、以前よりもずっと手間と時間をかけて歯の手入れをするようになりました。

まずは朝起きた直後の歯磨きです。この時は歯磨き粉は使わず、かんたんに全体をさっと磨くだけです。時間も2~3分ほどで済ませてしまいますが、朝起き抜けの口内にはバイキンがたくさん繁殖しているそうなので、歯磨きは欠かせません。

歯を磨いた後は、ココナツオイルでオイルプリングをします。これはココナツオイルを大さじ一杯弱口の中に含んでクチュクチュうがいをするというものです。メディアの情報では15~30分とのことでしたので、私は約20分間おこなっています。オイルプリングをしながらメールチェックをしたり、ネットで新聞を読むことにしているので、あっという間に時間が過ぎてゆき、まったく苦になりません。ただ、私は朝型&主婦なので朝の時間に余裕があるのですが、通学・出勤の前にそれなりに時間をかけてオイルプリングをするのは大変かもしれませんね。ココナツオイルには殺菌・抗菌作用があるので虫歯菌の減少を狙える効能が期待できるようです。これについては、バイキンは目で見えないので確かめようがないのですが、オイルプリングを始めてから口内炎にかかることがなくなったので、口内フローラのバランスが整ってきているのかもしれません。

その他に、オイルプリングをすると茶渋が着きにくいという情報も読みました。私は毎日ルイボスティーやコーヒーを飲んでいるので、茶渋は気になるほうです。以前よりも歯をきれいに保てているような気もしていますが、オイルプリングを始めた時期に、タフトブラシを使い始めたのです。これで歯と歯の間の溝を一カ所ずつ仕上げ磨きしているので、これが効いているのかもしれません。

オイルプリングは即効性のあるケア方法では無いかもしれませんが、口の中はスッキリしますし、腸にもよい影響が出ていると信じ、ずっと続けてゆくつもりです。

PR|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|童話|住宅リフォーム総合情報|JALカード|GetMoney|家計見直しクラブ|ショッピングカート|